健康になる家 癒しの住まい林工務店 新木造住宅技術研究協議会「新住協」会員 お問い合わせ:017-788-1713
トップページ 注文住宅 注文住宅施工例 リフォーム リフォーム施工例 会社概要 ブログ
林工務店トップページ
スポット断熱編

全部を直すのは大変だし・・・・・・お金もかかる

でも、もう毎年
我慢したまま過ごしたくない!
そんな方も大勢いると思います。

と、言う事でこんな事例も載せてみました。

お客様は当社の協力会社さんで塗装工事をされている
境塗装さんです!ご協力有難うございます!
感謝感謝です(^-^)



ちなみに完成動画はこちらです



せっかくなんで今回の改修工事の全容を公開です。
まずは事前調査!これ基本です。

 

外部も傷んできていますがネックはこの
出窓かな・・・
大体の古い家の出窓部分は開口部は板一枚で終わりな訳です・・・・
窓下なんか薄べニア1枚で仕上げなんかザラです。

寒いわけですよ・・・・


さて続きまして内部は・・・・

 

 

天井も床も段差が大きいですね!
奥さまいわく!
とにかく寒くてストーブを付けていても温まらないとの事!

期待はしていませんが小屋裏を 何とかのぞいてみる事に・・・

 

まあ・・・ありませんな(;一_一)断熱材は・・・・

気密が取れてる訳もないのであっても効果はあまり期待できないのですが・・・

小屋裏の束なんかもあまり宜しくありません。
もしかして改修しているのかな?と思い聞くと

やはり一度2階を増築して屋根の掛け替えをしたとの事・・・
まあ直すから良いか・・・・

今回は1階の天井点検口がなく
2階の改修だったので床下が見れなかったのですが

この後に大きく響く事になるとは知らず・・・・・・・・

 

さてさてお待ちかねの工事開始です。

搬入路を養生して工事開始です!

今後使う予定の家具も運び出して行きます。
林工務店ではこういった作業も工事の1間と考えておりますので
お客様お気軽にご相談ください!

以外にご自身で行うと体力と時間がかかります。

お客様お立会いの下テキパキと搬出です。

そして既存のお部屋の内部の解体です

 

今回は2部屋は繋いで大きな一部屋にします。

と、ここで解体してみて見えててきた物は・・・

梁が細い・・・・

屋根がらみの真中の柱に梁が集中していて抜けないかも・・・

いや!なんとかして!・・・・・・

補強に大きな1尺3寸梁の長物を人力で入れる事になりそうです・・・・(;一_一)


その後床のレベルを直すために床を起こすことに

そして恐れていた事が・・
・・・



まともに梁が入っていない・・・・
急遽予定を変更してゆかの梁の入れ替えが発生です。

写真をみておやっ?と思う方がいるかも

通常グラスウールを使った断熱工事を行う際には
気密・防湿の観点から
取り合い部には先貼りの防湿シート0.2mm
施工しますが、当社も何度か施工している現場発泡のアクアフォーム
を施工する為、今回はシート処理はしておりません。悪しからず

ちなみに条件等もありますので何でもかんでも
すべてこの方法でOKというわ訳でもありません。

 

梁を入れなおして床の垂木を入れていきます。
もうこうなったら垂木も45mm角なんかじゃなく
2x4材で入れていきます。



足元を決めてから部屋を広くするための補強で
大きな梁せい400mmの梁を掛け変えていきます

山口さん、最上さん、工藤さんお疲れ様です。

 

その後は樹脂製の断熱サッシに取り換えです。
ちなみに今回はYKKAPさんの複層ガラスLow-E仕様のアルゴンガス入りです
窓周りには防湿気密シートを先貼りで施工!

壁にはタイベックシートを貼りアクアフォームの吹き付け下地としました!



もちろん新築と同じように耐震金物も同時施工です。
できるところはすべて付けていきます。





羽子板金物!



筋交い金物!



火打ち金物!



抱き合わせた梁はボルトでしっかりと固定

 

忘れちゃいけない柱頭、柱脚金物



そしてアクアフォームの施工です!
機械を積んだトラックがきました!



ニッポンアクアの文字が!
今回のアクアフォームの施工は当社も何度かお願いしている
青森の元気な建材店!
小池銘木店さんです!


では早速お願いします!

 

天井、壁、床すべて今回はアクアフォームで施工です。


施工動画はこちらです。



窓枠を付けて壁に石膏ボードを貼って行き・・・

 

当社お勧めEM入りのパテでクロスの下地処理



あともう少しです。




完成です!天井から出てしまう梁は
表しにしてみました!

奥の上に見えるのはエアコンではなく
パナソニック製の熱交換型の換気扇です。
換気ロスの軽減になります。

お客様の御感想は・・・・
うそー!こんなに変わるの?(^-^)かわりまっせ~



注意事項です。
今回のお客様にもお話をして御理解いただきましたが
高断熱、高気密の住宅になりますと計画換気が絶対に必要になります

せっかくの癒しの住まいが換気不足などによる結露や
カビの発生原因などにならないように
換気扇の電源を切るなどはしないようにしてください

換気扇なんか付けたら寒い!と言う方が結構多いので(^^ゞ

もうひとつ気を付ける事は
開放型の灯油ストーブなどです!こちらもNGです
開放型のストーブなどは
灯油内の水分を室内にまいているのと同じです



住まいの困った!
知りたい事!

陽一のすごもり日記

クリック
で続々更新中です
必見です



営業だけ!工事だけ!
打合せだけ!ではありません

新築、耐震断熱改修工事や
打合せから工事、アフターメンテまで
すべてに携わり対応しております!

代表取締役 林陽一

主な取得資格
2級建築士 埼玉県25170号
BIS(断熱施工技術者)
気密測定士
耐震診断士
全県連ちきゅう住宅検査員
などです

有限会社 林工務店
〒038-0003
青森県青森市石江高間104-134
代表取締役 林 陽一

TEL:017-788-1713
FAX:017-788-1717
Eメール:

hayashikoumuten@rainbow.plala.or.jp

© 林工務店 All rights reserved.